スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある男の子の作文

2014.09.01.23:14

こんばんは☆

今日の朝、こちらは驚くほどの強い雨が降りました。
もう家出ないと間に合わない・・・
ちょっとためらいましたが、何とか咲太を濡らさずに車へ‼
そして私はびしょ濡れーーー‼
うんうん。咲太の為だ。これくらい何のその。。
風邪引かなくてよかったです。


さてさて、最近Facebookである作文を見つけました。

書いたのは今年甲子園で優勝した大阪桐蔭高校野球部主将。
中学時代に書いたものです。



~平成23年度入賞作品~

【中学生部門】 ◆最優秀賞

友から学んだこと

中村 誠
(福岡県・糸島市立志摩中学校3年)

僕には、絶対叶えなければならない夢があります。僕には体に障害を持った友達がいます。体の右半分はマヒしていて、右手はブラブラしていますが、右足は少し動くので介助すると歩くことができます。えん下障害もあるので食べ物は細かくきざんだ物にとろみをつけて介助でゆっくり食べれます。水分は多く飲めないでお腹に開けた胃ろうからチューブを通して注入します。それから失語症もあり全く声が出ません。文字盤も使えないので自分の意志を伝えることはできないのです。とても不便な生活を送っています。

その友達と知り合ったのは僕が小学五年生の頃、四年前です。僕が野球の試合に出るようになり、対戦相手だった子と友達になった。その子は同級生と思えないくらいに野球が上手だった。ポジションも一緒だった。試合にも負けた。僕はとても悔しかった。「絶対に負けたくない」この気持ちを胸に僕は一生懸命練習した。小学生の最後の大会の決勝戦でそのライバルのいるチームと戦った。延長戦で僕のチームが優勝することが出来た。でも僕は勝ったとは思えなかった。だから中学生になっても別のチームで戦っていくことを約束した。しかしその友達といるチームとの試合があっても友達はいなかった。

友達は障害者になっていました。障害者になって三年になります。
三年前のある日を境に突然障害者になってしまったのです。原因は病気です。本当に急な出来事でした。当時僕は大きなショックで友達を受け入れることができませんでした。

そんな友達を見て、初め「かわいそう」だと思っていました。でも一生懸命にリハビリに取り組んでいる友達の姿を見ていると、僕は「かわいそう」と思うのは良くない事だと思うようになりました。なぜかというと、人に対して「かわいそう」と思うことは、その人を見下しているように思ったからです。友達は障害を持ちながら一生懸命に生きているのに、上からの目線はごうまんで大変失礼なことだと思いました。このことは友達に対することだけではなく、全ての障害者に対して共通する気持ちです。障害者になりたくてなった人は誰もいません。そして誰もが障害者にならないという確率はゼロではないのです。友達のように突然、病気になるかもしれないし、事故にあってけがをしたり、またどんな災害に出くわしてしまうかもしれません。もし僕がそうなったとしたら、想像するだけでもつらいことですが、そんなとき僕は人から同情されたくないと思います。「かわいそう」と思われたくないのです。人間はどのような障害を背負っていようとも、命ある限りは生きていかなければならないことはみんなに平等に与えられていることです。ただ生きていくための条件が良いか、少し悪いかという差だけのことだと思います。だから僕は障害者を見て「かわいそう」と思うことが許せなくなりました。

僕はお見舞いに行くと友達の車いすを押して出かけることがありますが、よく他人の視線を感じることがあります。自分と違う人を見ると違和感を持つ人が多いのだと思います。でも自分と人は違っていて当たり前なのだし、その他人を認めることは最も大切なことだと思います。世の中のすべての人が自分と違う他人を受け入れることこそ、差別のない社会の実現につながっていくように思います。

友達のためにも、僕は野球を一生懸命頑張りプロ野球選手になり活躍します。


↑こういうの載せていいのかな・・・??

咲太を育てて今までの考え方とかガラッと変わって。
この作文を読んで、そうなんだよ~と思うところが多かったです。
そして、そのように思ってくれてる人がいるんだというだけでとてもありがたく感じました。
ちょっと違うかなぁと思う部分はあるけどそこはまぁまぁまぁ。。。

とにかく、とても素敵なプロ野球選手になって欲しいなぁと思いました(о´∀`о)


オマケ☆

大笑いの咲太。

腕をブルブルしたらいい笑顔☆
カメラ向けると素の顔になるのですかさずパシャり(笑)
撮るのも簡単ではありません( ̄▽ ̄)


最近、よく観てます。

アンパンマン☆
家事しなくちゃいけない時はゴロンして録画してあるアンパンマンを流してみますが、思ったよりよく観てるかもーー
こりゃ、もも母さん、ポータブルDVDですかね~笑



いつもありがとうございます!
↓ポチっと押してもらえると嬉しいです(///∇///)
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

こんにちは☆

2014.09.02.08:39

咲太くんの笑顔、最高ですね~~!
ちょっと八重歯?みたいなのがのぞいてて、それもまた可愛いです(^^)

それにしても、紹介してくださった作文を読んで、
中学校3年生でこれだけのことを感じ理解しているなんて、本当にすごいと思いました。
その友達の存在から、世の中の障害を持つ人たちに対しての想像をふくらませているところがすごいですよね。

障害を持つ子を育ててみて、「かわいそう」っていう言葉をいろいろ考えるようになったんですが、
どこかに「自分じゃなくて良かった」っていう思いが込められているような気がするんですよね。
それは相手にとってすごく失礼なことだなぁと思うし、何よりも、「かわいそう」と思った時点で、相手のことをわかろうとする気持ちが止まってしまうような気がします。

ぜひ、プロで頑張ってほしいですよね。
そしてその友達も、抱える物は大きくなったけど、頑張って欲しいな。

素晴らしい作文の紹介をありがとうございました(^^)

それから、前の記事で、咲太くんが、普通の椅子に座れる日が来るかも、と言われたとのこと、私まで嬉しかったです!
写真を見ていると、ほんとにしっかり座れそうですよね。
ふたばも頑張ってます!お互い頑張りましょう~♪

No title

2014.09.02.11:03

ちゃぱるさん、いいもの読ませて頂いて、ありがとうございました。
親や兄弟ではないひとに、こんな風に思ってもらえるなんて、なんてすてきな関係なんだろう。
障害がある。それだけなんですね。
泣けちゃったおばちゃんを咲太くんが笑かしてくれました(^o^)
めっちゃ笑ってますね。
我が子たちにはこれからどんな人との関わりがあるのかなぁ。

No title

2014.09.02.14:14

こんにちは☆

とっても素敵な作文ですねぇ
うちも娘が生まれるまでは、障害について考える事も無く
ボケボケと生きとりましたよ~
どんな困難も、自分や大切な人に降りかからない限り
真正面から向き合う機会なんて無いですもんね
他人を思いやり受け入れる事、うちも頑張りますw

腕ブルブル!うちのも大好き&爆笑よ
好きな遊びまで似てるよねぇ
そしてポータブルDVD、ただちに買いに行きなはれ~w

みっちさん♪

2014.09.03.15:35

こんにちは♪
コメントありがとうございます!

機嫌がよかったのでちょっと嬉しいことするとニコニコしてました☆
犬歯が結構すごいんですよ~笑
尖ってますが、これもチャームポイントです(///∇///)

なかなか大人でも考えられないようなことを中学生の時に思った彼は、すごいなぁと思いました‼
第三者にそう考えてもらえることがまた嬉しかったりします。

たまーに可哀想にと言われることもありましたが、みっちさんの言う通り、私も自分じゃなくてよかったって部分を感じることがありました。
ちゃんと聞いて理解してくれるといいんですけど、もう可哀想以外の何者でもなくなるんですよね。
確かに発作がでたり、小さい時に病気になったりが可哀想と言われるのはその通りですが、障害があることが可哀想ってのは違うんですよね。
なかなか第三者には理解しにくい部分ではありますけどね。

書いた彼も、お友達もこれからまた頑張ってほしいですよね♪


ありがとうございます~(///ω///)♪
こうやって喜んでくれる方がいるのが本当嬉しいです‼
ただ、家では全く上げてくれないんですよね(笑)
よくわかってる証拠なんですけどね。
ふたばちゃんのようにこっそり練習してくれるといいんだけどなぁ。
頑張りましょうね♪♪

まきさん♪

2014.09.03.15:40

こんにちは♪
コメントありがとうございます‼

本当、第三者がそう考えられるのは本当お友達も素敵な方だろうし、とてもいい関係なんだろうなぁと思います。
そうやってずっと付き合ってくれるのはその家族もパワーになりますもんね!
障害があるってことは何の障害でもないんですよね。
本当ただそれだけ。
大人でもなかなかそう思えない人多いですもんね~

笑って頂けましたか??笑
どんな人と出会ってもめげない人間になって欲しいと思います。私が(笑)
素敵な出会いばかりだといいんですけどねぇ。。
あ!!
ちまきさん、ブログされてるんですねーーーー‼
今更知りました。。。
お邪魔させてくださいね。楽しみ♪

もも母さん♪

2014.09.03.15:43

こんにちは♪
コメントありがとうございます‼

私、障害を持つ方と日々関わっていましたが、全然考えてませんでした。←こっちのほうがヒドイ(笑)
第三者じゃなかなか~
大人でも無理だったりするのに、まだまだ子どもの中学生が感じられたのが本当泣けました。

ももちゃんもブルブル好きなんですね(о´∀`о)
同じだ~
じゃあ、ポータブルDVD買わなくちゃ‼
プロフィール

ちゃぱる

Author:ちゃぱる
初めまして‼
ちゃぱると申します。
よろしくお願いします(*Ü*)*.¸¸♪"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。